高座豚とは

「高座豚」は神奈川県の旧高座郡で飼育され、昭和初期にはおよそ3,000頭が飼われていたものの、小型で肉量が少なく生育期間も長いためしだいに畜産家から敬遠され、一時絶滅状態になり「幻の豚」と呼ばれるようになりました。

 

1985年、綾瀬市・藤沢市を中心とした養豚家が農事組合法人を設立し、品種改良を重ね、この「幻の豚」を復活させました。その特徴として「肉質がキメ細かく、柔らかで脂の質が良く、旨味が多い」ことがあげられる。

神奈川県の「かながわの名産100選」「かながわブランド品」に選定されています。

Copyright (C) 2019 Umaizoo Corporation. All Rights Reserved.